スーパーマップルデジタル
操作マニュアル iOS

各種データの導入方法

地図のインストール

PC側スーパーマップル・デジタル(以下※SMDと表記)の「スマートフォン」コマンドで切り出した地図データを、 iTunesのファイル共有を利用してiPhone/iPadにコピーするとアプリで地図データを見ることができるようになります。

  1. SMDを起動し、リボンの「出力」タブ→「出力」グループ→「スマートフォン」ボタン をクリックします。

  2. 「スマートフォン用地図データ出力」ダイアログが表示されます。

  3. 出力する地図データの内容を決定します。

    ①のチェックボックスをON/OFFして、出力する都道府県を選択します。
    ※全域図と広域図は全国の地図データが必ず出力されます。
    ※中域図・小域図・詳細図は選択された都道府県の地図データだけが出力されます。
    ※選択された都道府県に応じて、③インストールに必要な容量が変化するので目安としてください。

    ②の地図種類を選択します。
    ※軽量/標準(デフォルト)/詳細の3種類から選択することができます。
    ※軽量 < 標準 < 詳細 の順番にデータ容量が大きくなります。建物形状や等高線を表示したい場合は、「詳細」を選択します。

    ③に表示されたインストールに必要な容量を確認します。

    ④「参照」ボタンをクリックして、地図データの出力先フォルダを指定します。

    ⑤「iOS」を選択します。

    ⑥「出力」ボタンをクリックして、地図データの出力を開始します。

  4. 設定した内容に基づいて、地図データを実際に出力します。
    出力が完了すると、指定したフォルダにファイル「SuperMapple.smdmap」が作成されます。

  5. 「SuperMapple.smdmap」ファイルをiTunesのファイル共有機能を利用してiPhone/iPadにデータをコピーします。
    iTunesファイル共有についてはこちらをご確認ください。

「ご注意」

地域版を購入している場合、選択した都道府県の詳細地図が存在しない場合があります。
※出力されるスマートフォン用地図データは、スーパーマップル・デジタル(PC)がインストールされている地図データによって異なります。
※スーパーマップル・デジタル15からiOS版の出力が可能です。

カスタム情報のインストール

スーパーマップル・デジタルで作成されたカスタム情報ファイル("*.rcm")を取り込んで利用することが出来ます。
地図データのインストールと同様にiTunesのファイル共有機能を利用してiOS端末にデータをコピーします。

「ご注意」

  • 5MBを超えるカスタム情報ファイルは取り込むことができません。
  • ©Shobunsha Publications, Inc. All rights reserved.